山中教授もオススメ! RUNの新型コロナウィルス対策にはBuffですね

Buffでリスクを回避してRUNを続けましょう!

こんにちはジローです。新型コロナウィルスが益々猛威を奮っておりますが皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?約1ヶ月振りのブログとなってしまいましたが、STAY HOMEでトレードに集中していました。私ジローは相変わらず早朝RUNに励んでおりますが、在宅勤務の方が増えた影響か早朝RUNの時間に走っている方や散歩を楽しむ方が増えましたね。

しかし屋外とは言え感染のリスクは考えられますね。自身を守るためにも、また無症状ながらも自らが感染していた場合に拡散を防止するためにも何かしらの対策を考える必要性がありますね。私ジローも他のランナーと距離をとるように心掛けています。

京都大学の山中伸弥教授がジョギングの時にBuffをマスクの代わりに着用する事を推奨されています。山中教授ご自身もジョギングを楽しんでおられまして、フルを3時間25分20秒で走る健脚をお持ちです。ランナーとしての視点からもオススメのようですね。私ジローはBuffの愛用者ですが盲点でしたね。

Buffとはなんぞや?

Buffとは「多彩な使い道!BuffでいつものRUNを快適に!」でお伝えしたようにスペインはバルセロナで製造されているマルチファンクションヘッドウェアですね。つまり多彩な用途の頭に装着するアイテムという事になります。これをマスクの代わりにしてしまおうというのが山中教授のご提案なのですね。凡人ジローには思いつかなかった素晴らしい発想です。

Buffをマスク代わりに走ってみた

すぐに山中教授のご提案を実験してみました。Buffのロゴが散りばめられたイエローを装着しております。STAY HOMEで床屋にも行っておりませんので、早朝RUNに行く前は伸び切った髪の毛が寝グセと化して荒ぶっておりますがご容赦下さい。RUNの帰りにこの出で立ちでコンビニに寄りましたが強盗感が凄まじいですね。今のご時世であれば感染予防をしているランナーと思われるでしょうが、平常時でしたら確実に通報されますね。

走ってみますと通気性の良さのおかげで思ったほど息苦しくはありませんね。マスクでも走ってみましたがBuffの方が快適です。しかし装着しない方が呼吸がしやすいのは言わずもがなですね。ですが考えようによっては心肺機能を高めるトレーニングになるかも知れませんね。山中教授にその辺の効果についての見解を伺ってみたいですね。

RUNの時は何も考えずに鼻と口を覆っても問題ありませんし、耳に引っ掛けるようにするとズリ落ちにくいですね。普段のマスク代わりでしたら一手間加えるとマスクっぽくなります。まずはBuffを装着して鼻の上に持ってきます。

 

下の部分を掴みます。

上顎に乗せます。

上顎に乗せた高さの部分の後ろ側も持ち上げます。

更に下の部分を掴みます。

 

下顎に乗せます。

下顎に乗せた高さの部分の後ろ側も持ち上げます。こうすると安定感が増しますし形もマスクっぽくなります。RUNではズリ落ちてきますが普段装着するのには隙間があまりできません。この装着方法は私ジローが独自に編み出した方法ですのでベストな方法であるかは未知数ですがお試し下さい。

鼻と口を覆って走るのは抵抗感が若干ありましたが、今のご時世では安心感に変わりましたね。今朝もランナーの半数くらいの方がマスク着用で走っていましたが、感染予防の行為を少しでも増やす事でリスクを回避できる確率は高くなるのではないでしょうか?

難点は通気性が良いと言えども鼻と口周りの湿度が急上昇する事ですね。信号待ちや人がいない場所では換気した方が良さそうですね。

今年の4月は早朝の気温が低いですね。私ジローが早朝RUNに出かける5時半くらいでは10度を下回る事が多いですね。この様な季節はR1フーディを1枚で着るのがベストですね。通気性、吸湿性に優れていますので汗抜けの良さが際立ちます。1枚で着るのが本来の使い方のような気がしますが、冬場はサーマルウェイトの上に保温着としても着用できますので使い勝手が良いですね。

エンドレス・ラン・ショーツではまだ寒いしキャプリーン・ミッドウェイト・ボトムでは暑いかなという今の早朝RUNにはナイキのパワーエッセンシャルタイツがベストですね。適度な薄さで膝だけサポートされていますので窮屈感はそんなにないですね。コンプレッション系のタイツが苦手な私ジローでも大丈夫です。お値段も6000円くらいですのでコスパが非常に高いですね。

バンダナ柄のブラックのBuffですとこんな感じですかね。サーマルウェイト・ジップネック・フーディーとエンドレス・ラン・ショーツに良い感じですね。サーマルウェイト・ジップネック・フーディーは形状も性能もR1の弟分と言った感じですので、気温に合わせた細かい使い分けが可能ですね。早朝RUN派の方には必須アイテムと言えます。

今の季節はマスク代わりに使えますが夏場では汗止めのヘッドバンド、冬場ではイヤーマフとしても使えます。ただ無造作に頭に巻いても良いですがクロスさせると安定感が増しますね。イヤーマフとして使う場合はクロスさせた方がベストですね。

山中教授もオススメ!新型コロナウィルス対策にはBuffですねのまとめ

いかがでしたでしょうか?新型コロナウィルス対策でのBuffの使用方法。あの山中教授のご提案ですので感染防止や飛沫防止の対策としては効果があると考えております。日本では今のところジョギングは規制されておりませんが、パリのように日中のジョギングが禁止される可能性があるかも知れません。RUNができないとなると残念ですね。

そのためにも普段のRUNでもマスクやBuffを装着し、走る時間や場所や人数を考慮して、ランナーは新型コロナウィルス対策に関心があるという世間の認識を勝ち得る事が重要になるでしょう。RUN愛好家の皆様も日々のRUNにマスク着用で臨んでみてはいかがでしょう?しかし走るのに適しているのはやっぱりBuffですね。

ジローのオススメRUNウエアをパタゴニア公式サイトでご覧ください!
パタゴニア

FX(外国為替証拠金取引)の勝ち方が解る、私ジローのFXサイト「tokyo fx」もご覧下さい!

2 件のコメント

  • こんにちは!
    自分もジローさんのブログを見てBuffをネットで探したのですが、ほとんど品切れで買えませんでした。
    代りに1,000円くらいの安いフェイスカバーをして走っていますが、マスクよりは数倍快適ですね。しばらくはマスクランが続きそうですが、これもトレーニングの一環として前向きに捉え、頑張っていこうと思います。
    先日、キャプリーンクールデイリーフーディー(グレー)を購入しました。ジローさんの仰る通り、何とも言えない快適な着心地ですね!速攻で乾くので、休日は朝ラン、午後のくつろぎタイムと2回に分けて着ています。平日も在宅ワーク時はほとんど着ていて、もう1枚買おうかと悩んでおります。パタゴニアは店舗が休業になってしまっていますが、ネットの送料を無料にしてくれているので、いろいろ揃えたくなりますね。おすすめ商品の紹介、また楽しみにしております。ではまた。

    • ぺすけ様

      こんにちはジローです。いつもご覧頂きまして有難うございます。Buffがどこでも品切れで困ったものですね。パタゴニアのサンマスクという商品も買おうと思ったら
      ソールドアウト。やはり皆さんこの手のモノの購買意欲が高いみたいですね。
      暫くはマスク着用でのRUNが求められるでしょうから夏場の対策が必要ですね。ジロー家では妻がマスクを大量生産しておりますので、冷感素材の生地でマスクとフェイスカバーを試作しております。夏場のマスクランは大変そうですが、ぺすけ様のおっしゃる通り現在の状況をポジティブに捕える事が必要ですね!

      キャプリーンクールデイリーフーディーは今の季節は大活躍ですね。ぺすけ様もヘビロテ確定のようですね!私も今朝のRUNで着て、今も着ながら仕事をしております。最近は寒いのでシングレットよりもキャプリーンクールデイリーフーディーとエンドレス・ラン・ショーツがベストですね。

      パタゴニアの店舗の休業ももう2ヵ月になりましたね。狙っている商品があるので見に行きたいのですが通販で買ってみようと思います。購入した際にはブログでご紹介致しますので楽しみにしていて下さい。

      最近は忙しく中々ブログの更新が出来ませんが、頑張って更新いたしますので今後も宜しくお願い致します。ぺすけ様も新型コロナウィルスに気を付けてお過ごし下さい。では失礼致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です