これはいいかも!ワークマン CROSS SHIELD パンツ

脅威のコスパ!Mくん御用達のワークマンでRUNウエアを購入

こんにちはジローです。先日「RUN初心者必見!初心者のランニングフォーム改善講座」シリーズのMくんから連絡があり、私ジローの出身校のサッカー部が全国大会出場に王手をかけたと教えてもらいました。私ジローの所属していたサッカー部ですが最近の活躍は全く知りませんでした。後輩の皆さんには頑張って頂きたいですね。Mくんの出身校もあと1つ勝つと全国大会だそうです。揃って出場できると良いですね。

さてMくんと久々に連絡を取ったついでに、Mくんの御用達RUNウエア用品のワークマンに一緒に行く事になりました。私ジローはRUN用のグローブでも買おうと思っていましたが、店内をウロウロているとMくんが「ジロー!何か凄いズボンがあるぞ!」とその商品を持ってきました。「オレこれ買う!」とMくんは即決しましたので私も試着してみたところ中々使えそうであったので購入してみました。その名はCROSS SHIELD パンツです。

ワークマン CROSS SHIELDパンツとは?

ワークマンのCROSS SHIELDパンツとは、太もも部分に中綿の入った防寒素材を使用して、膝から下はジャージ素材というハイブリッドパンツになりますね。似たようなデザインをどこかで見た気もしますが、中々斬新なデザインですね。

履いてみますとこんな感じですね。170センチ56キロの私ジローでMサイズを履いております。ランニングタイツよりもゆとりがありますね。Mくんは175センチ70キロでLサイズでした。Mサイズでウエスト73~78センチ、股下71センチとなっていますね。

横からはこんな感じですね。中綿入りでボリュームがありますが、シュッとした中々のシルエットですね。丈は丁度良いですがウエスト周りはもう少し小さくても良い感じですね。

前側の全体像です。膝下までは光沢のあるポリエステル素材で膝下からはジャージ素材になります。ジャージ素材の部分はボーダーレスタイツよりもぶ厚めですね。かなり寒い季節のRUNに向いていそうです。

膝の部分には中綿は入っていませんね。動きやすさを重視した設計と言えそうです。光沢のあるポリエステル素材は防風効果も期待できそうな感じです

バックスタイルです。中綿のエリアが前側よりも1段少なくなっています。RUNの時に前側は防風と保温重視で後ろ側は換気と汗抜け重視という事でしょうか?かなり芸の細かさが光りますね。

後ろ側にはファスナー付きのポケットがあります。フロントポケットもありますがこのバックポケットは有難いですね。鍵や小銭、グローブを仕舞うにはファスナー付きが安心です。結構大振りです。パッと見てポケットがあるか解らないくらいの小さなファスナーという所も良いですね。

私ジローの購入の決め手になったのが股下から内股にかけてのジャージ素材の切り替えですね。伸縮性のある素材でマチを取ってありますから動きやすさが増しますね。かなり細かい事を考えて作りこまれている感じがします。

気になるお値段は1,900円です。これはお安いと思いますね。全体的な作りから考えてもコスパは高いと思います。Mくんは同じ素材のベストも購入しましたがそちらは1,500円です。

2223 CROSS SHIELD(クロスシールド)ベスト Find-Out ファインドアウト 作業着 作業服 メンズ 秋冬 防寒 全5色 M-3L|防寒着 中綿 ワークウェア 大きいサイズ チョッキ 防寒ベスト 中綿ベスト 軽量 ウォーム ワークウエア 防寒服 冬 防寒作業着 あったか ユニフォーム

価格:
1,500円

(2019/11/13 08:18時点 )

感想:0件

ワークマンのFind-Outというスポーツラインは高品質・高機能でお手軽なスポーツアイテムという事ですが、この価格でこんなパンツが買えてしまうなんてお手軽すぎるだろうと思いますね。

ワークマン CROSS SHIELDパンツでRUNに行ってみた

早速ワークマンCROSS SHIELDパンツで早朝RUNに行ってみました。早朝5時で気温8度です。スペック的にもう少し気温が低い方が向いていると思いますが取り合えず試してみたいと思います。

サーマルウェイト・ジップネック・フーディーナノエアベスト。そしてCROSS SHIELDパンツで行く事とします。見た目は中々良いですな。私ジローのRUNウエアのオールブラック化にもマッチしますね。

オールブラック化と言えばBuffを新調しました。オッシュマンズさんをパトロールしていたらブラックのバンダナ柄のBuffがあったので購入してしまいました。バンダナ柄がRUNっぽくないところが気に入りましたね。この時期のRUNにはBuffが本当に重宝します。夏場は汗止めのヘッドバンドとして活躍しますが、今の季節はネックウォーマーとして活躍します

12キロほど走ってみました。結論としては良いですね。本来ならキャプリーンミッドウェイトボトムで行く気温なので保温力はオーバースペック気味ですが、走り始めの暖かさが脚に感じられるのは新鮮な感じですね。動きやすさも申し分ありません。伸縮性のないポリエステル素材でしたら窮屈感があるのかも知れませんが、股下と内股のジャージ素材の切り替えが効いているのだと思います

問題点は換気性能と汗抜けですね。上半身はキャプリーン・サーマルウェイト・ジップネック・フーディーとナノエアベストでしたが、通気性と吸湿性能はパタゴニアの方が数段上回りますね。CROSS SHIELDパンツでは汗を吸う感じはあまりなくベタ付く感じが若干ありますね。私ジローが汗嫌いなので余計気になる部分ではありますが、この点が無ければかなり良い商品であると思います。

中綿はポリエステル100%との事ですがナノエアベストやナノパフベストと比較すると洗濯後の乾き具合は劣りますね。汗や雨で濡れた場合の保温性能も今後検証してみたいと思います。

今回ワークマンさんでグローブも購入しました。お値段は780円。これは優れものです。薄手で軽量ながら裏は起毛素材で今の季節のRUNには丁度良いグローブです。氷点下近くになっても使えそうですね。私ジローはグローブを紛失することが多いのですがこのお値段でこの性能ならお財布にも優しいのでガンガン使い倒せますね。もちろんスマホ対応です。

ワークマン CROSS SHIELDパンツのまとめ

いかがでしたでしょうか?ワークマン CROSS SHIELDパンツ。素材感や性能ではアウトドアメーカーには及びませんが、価格を考えれば作りや性能は驚異的ですね。CROSS SHIELDパンツはもう少し寒い季節になってくれば真価を発揮してくれると思います。何よりも高品質・高機能でお手軽なスポーツアイテムという所が好感が持てますね

私ジローは「初心者必見 ランニングギアの選び方 みんなの極意」でもお伝えしたように手軽にスポーツを楽しめる事を重視しています。何せRUNを始めた時はサッカーウエアで走っていてランニングシューズさえ持っていませんでした。

今はテニスもしますがテニスウエアも持っていません。RUNウエアで代用しています。MくんもRUNを始めた時はサーマルウェイト以外は全てワークマンで揃えました。RUNを始めとしてスポーツを始めるのにギアを揃えるハードルを低くしてくれているのがワークマンさんですね

MくんはRUNウエアに基本的にお金をかけない方針です。しかし私のナノエアベストを見て「オレもRUNでベスト着たら便利そうだな~」と言ってワークマンに行ったところCROSS SHIELDパンツと同素材のベストを発見してセットで購入しました。

わずか1,500円の投資で快適なRUNベストを入手出来る訳ですからリスクリワード比が良すぎますね。Mくんは1,500というリスクに対して快適性と利便性というリワードがどれだけ得られるかを重視するためにワークマンさんでRUNウエアを購入しているのですね。

2222 CROSS SHIELD(クロスシールド)ブルゾン Find-Out ファインドアウト 作業着 作業服 メンズ 秋冬 防寒 全5色 M-3L| ジャケット ジャンパー 作業ジャンパー 防寒ジャンパー 防寒着 大きいサイズ ジャンバー 防寒服 防寒ジャンバー 作業ジャンバー 防寒ジャケット ブルゾン

価格:
1,900円

(2019/12/16 09:00時点 )

感想:2件

これからRUNを始めようと思っている方や、RUNを始めて初のウィンターシーズンを迎える方はワークマンさんを覗いてみる事をオススメします。上の画像のクロスシールドブルゾンも快適なRUNが楽しめそうです。RUNの経験値が上がり技術も向上してきたらパタゴニアのような高性能なウエアを使ってみると面白いと思います。ではまた次回!

ジローオススメのRUNウエアをパタゴニア公式サイトでご覧ください!
パタゴニア

FX(外国為替証拠金取引)の勝ち方が解る、私ジローのFXサイト「tokyo fx」もご覧ください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です