ホカオネオネ ボンダイ6 購入レビュー

クッションだけじゃない!脅威のパフォーマンスシューズ ホカオネオネ ボンダイ6

こんにちはジローです。先日箱根駅伝の予選会が行われましたね。出場校が出揃った訳ですが、台風被害を受けた箱根の状況が気になる所です。選手の皆さんや箱根の方々の為にも、レースができる環境が整ってくれる事を願うばかりですね。

私ジローの母校はシード校になってますし今年は戦力が充実しているようです。箱根駅伝の日はジロー家はキャンプに行く予定ですがキャンプ場から応援したいと思います。

先週末に大阪に出張に行く途中でホカオネオネのボンダイ6を購入しました。結論から申しますとランニングシューズとして物凄いポテンシャルを秘めています。ズバリ買いですね。ボンダイ6の購入を検討されている方のご参考になればと思います。

ジローがボンダイ6を購入した理由

私ジローは最近の休日のお出かけの時にホカオネオネのクリフトン5クリフトン6ばかりを履いています。理由としてはマシュマロクッションのお蔭で外出先での足の疲労感が全く無いからです

今年度は毎月東北と関西に出張があるのですが、寄る年波のせいか疲労の蓄積が否めません。「ホカオネオネを履いて出張に行きたい!」と以前から思っていたのですが、私の所有するクリフトン5とクリフトン6は黄色と青の派手なカラーリングなので「仕事の時はどうかな?」と思っていました。

しかし出張先でも毎回RUNに行きますので、移動とRUNに快適なシューズで出張に行ければ最高ですね。履きっぱなしも衛生面で問題がありますが、パラブーツのコローという持ち運びに便利なローファーを持っていますので、コローを併用すれば良いだろうという目論見がありました。

ボンダイ6にはブラック/ブラックという真っ黒なカラーがあります。何にでも合わせやすそうな配色です。クリフトン5や6でホカオネオネの性能の良さは解っていますから、ボンダイ6を試してみたい気持ちもありますね。

以上の理由からボンダイ6の購入に至りました。あまりランニングシューズは増やしたくないのですが、普段履きでも使えるシューズであると考えていましたのでRUNと併用する事が目的ですね。

・ホカ オネ オネ《メンズ》ボンダイ 6/ブラックxブラック/ HOKA ONE ONE/Bondai 6/BlackxBlack #

価格:
23,100円

(2019/10/28 16:07時点 )

感想:0件

お値段は税込み23,100円。ランニングシューズとしては決してお安くないお値段です。しかしながらホカオネオネの性能の良さと幅広い仕様用途を考えれば妥当かも知れません。出張や外出先での快適さが増すのであれば投資する価値はあると考えました。

ボンダイ6を見てみよう!

ホテルに到着して開封の儀です。私の購入したサイズは27センチです。公式ホームページによると重さ310グラムとなっており、クリフトン6より55グラム重くなっています

 

真っ黒です。しかし逆にこのシンプルさは新鮮ですね。真っ黒なランニングシューズは履いた事がありません。クリフトン6よりもコロンとした可愛さがあります。

 

ソールの分厚さが斬新ですね。私ジローは身長170センチと微妙な身長ですがかなり盛れますね。派手なカラーのランニングシューズが多い中、この真っ黒な潔さには好感が持てます。

クリフトン6と比較してみると改めてボンダイ6の厚底感が解りますね。手にとってみると55グラムの重さの差は感じ取れます。履いた時のフィーリングとしてどの様に反映してくるかは楽しみですね。

フィーリングといえばボンダイ6のオフセットは4mmとなっています。オフセットとは踵とつま先の高低差ですね。クリフトン6は5mmでありメレルのベイパーグローブ4のようなベアフットシューズは0mmになります。クリフトン6よりも1mm少ないオフセットですので、よりフラットなシューズになります。クリフトン6よりもフラットでより厚底ですので走った時のフィーリングは変わってくるでしょう。

踵には大き目のリフレクターが装着してあります。私ジローのような早朝ランナーですと今の季節は走り始めは真っ暗です。この様な安全装備は嬉しいですね。ヒールもクリフトン6同様に幅があります。ランニングシューズとしての安定感がありますね。

ボンダイ6の履き心地はいかに?

翌朝は仕事の前に出張RUNですね。ボンダイ6の走行感を早速試してみましょう。船場のホテルから大阪駅へ向かいその後に大阪城を1周して帰ります。15キロ程ですね。

最近東京の早朝が寒かったので念のためサーマルウェイト・クルーフーディニジャケットテルボンヌジョガーズで走ります。オールブラックのランニングシューズは締まった感じがしてカッコイイですね

オールブラックで思い出しましたがラグビーワールドカップでオールブラックスがイングランドに負けましたね。私ジローが品川駅に着いた時は既に試合は終わっていましたが、品川駅の新幹線乗り場にイングランド人のサポーターの方が沢山いらっしゃいました。皆さんビールがぶ飲みでしたね。

履いてみた感じはクリフトン6よりもフラットな感じです。厚底やベアフットシューズに慣れていますから違和感は感じませんが、初めてホカオネオネを履く方は履き心地に戸惑うかも知れません。一般的なランニングシューズと比較するとかなりフラットであると思います。しかしホカオネオネに慣れるとこの感じが良いのですね。その証拠に私ジローはホカオネオネばかり履いています。

310グラムという重さはナイキなどの軽量ランニングシューズに比べれば2倍程の重さになりますね。しかしメタロッカーテクノロジーのお蔭で数値ほどの重さは感じませんね。

メタロッカーテクノロジーとはホカオネオネの独特のソール形状から生まれる、車輪のようなローリング運動ですね。自然な体重移動による効率的なランニングを行うためのテクノロジーですね。

軽量マキシマムクッションによるクッション性能とPROFLYテクノロジーによって反発力も抜群です。ホカオネオネのシューズは試着した段階だとクッションがそれほど柔らかく感じないかも知れません。しかし履いているとすぐにマシュマロ感が出てきます。クリフトン6も良いですがボンダイ6のクッション性は極上の履き心地ですね。

期待を裏切るボンダイ6の爆発力!

正直に申し上げてボンダイ6に期待していたのは極上のクッション性能ですね。出張の時も足が楽でRUNにも使えればよいと思っていました。しかし性能は期待以上ですね。

ボンダイ6は前方への推進力が爆発的に生まれます。まずは大阪駅まで走ってみましたが物凄く前に進みます。ミッドフット~フォアフットで接地するとバイーンバイーンと進みますね。これはPROFLYテクノロジーというホカオネオネ独自のミッドソールのテクノロジーによるところが大きいと思います

このテクノロジーは簡単に言いますとミッドフット~フォアフットで接地する部分と踵では異なる固さのクッションを採用しているのですね。当然ミッドフット~フォアフットで接地する場所の方が反発力が強く設定されています。キロ4分前後で走るのには丁度良いと思いますしもっと早いペースでも良いと思います。この推進力はクリフトン6以上かも知れません。

「バネでも入ってんじゃないの?」と思ってソールを確認しちゃいましたね。確かにこれだけの厚底ですので反発力が物凄いのも納得できます。ホカオネオネの極上のクッション性能は衝撃を吸収して終わりじゃないのですね。爆発的な推進力を生みだすというレーシングシューズとしての性能も持ち合わせています。これは嬉しい誤算でした。

何とビルの上に観覧車があります。道頓堀のドン・キホーテにも観覧車がありましたが大阪の方は観覧車がお好きなのでしょうか?圧巻の景色ですね。しかしボンダイ6の走行性能がこれだけ良いとクリフトン6との棲み分けが難しくなってしまいそうな予感がします

大阪城を1周した頃にはすっかり明るくなりました。しかしボンダイ6はスゴイシューズです。推進力が物凄いのでペースは自然と上がりますが疲労感はとても少ないですね。ボテっとしたゴツイフォルムからは想像できないポテンシャルを持っていますね。

ボンダイ6の適応範囲の広さ

ボンダイ6はRUNと普段履きの併用を考えて購入しました。しかしランニングの性能がとても高いので普段履きに使うのが何だか勿体なくなってきましたね。しかしそれでは本末転倒です。

ボンダイ6のオールブラックは以前から購入を目論んでいました。パタゴニアのキャプリーン・サーマルウェイト・ジップネック・フーディーもブラックを購入しましたが、この秋冬は私ジローのランニングウエアはブラックで行こうと決めていたのですね

まあ手持ちのアイテムから考えても毎日ブラックという訳にはいきませんが、カラフルでお洒落なランニングウエアが主流のこのご時世に、中年ランナージローはおとなしくオールブラックですね。

ブラックのナノエアベストにブラックのキャプリーン・サーマルウェイト・ジップネック・フーディー。ブラックのテルボンヌジョガーズにブラックのボンダイ6。オールブラックに飽きるまで暫くはRUNアイテムはブラックを買ってみましょう。

昨日は仕事もボンダイ6で行きました。私の業界は服装にうるさくないと私ジローは思っていますので、仕事にボンダイ6でもオッケーでしょう。大阪から帰宅しても足の疲労感が全く違います。長距離の移動では欠かせないですね。ディズニーリゾートに行く時もボンダイ6で決まりですね。

これから冬場に出番が多くなるバブアーのゲームフェアにもボンダイ6で良いのではないでしょうか?去年までは手持ちの革靴で一番は着心地の良いデザートブーツを履いていましたが今年からはボンダイ6でしょう。

休日にはロス・ガトス・クルーにテルボンヌジョガーズ。そしてボンダイ6でしょう。最高に楽チンな組み合わせですね。休日にショッピングモールなどに買い物に行くのは面倒くさいので好きじゃないのですが、楽なシューズを履いていれば疲労感も軽減してくれるでしょう。

オールブラックのボンダイ6は使い勝手が相当良さそうです。RUNでも普段履きでも行けますね。上の画像は今回の出張RUNセットを洗濯してホテルで干しているところですが、ボンダイ6も出張RUNセットの仲間入りを果たしそうですね。

ホカオネオネ ボンダイ6のまとめ

いかがでしたでしょうか?ホカオネオネのボンダイ6。爆発的な推進力という予想を裏切る付加価値が付いてきましたので、投資した価値は十二分であると思います。活躍の場も多岐に渡りそうですね。

ランニングシューズの性能としては申し分ないですね。ホカオネオネのロードランニング用アウトソールは耐久性がありますから普段のRUNのトレーニングからレースまで使えますね。今後ボンダイ6の走行性能の高さは知れ渡ると思います。市民ランナーレベルであればこれからはボンダイ6をレース用として使うランナーが増えるのではないでしょうか。

レース用としても使えますがレースに特化したシューズではないので幅広いレベルのランナーに適応すると思います。4mmの低いオフセットボリュームのある厚底という面白い仕様ですが、RUNの技術を向上させるのには適したシューズです。クリフトン6の購入レビューでもお話したように「ここで着地するんですよポイント」で着地するとクリフトン6以上に推進力が得られます。RUN初心者から上級者までオススメできますね

ボンダイ6は期待以上の素晴らしいシューズでした。ホカオネオネのユーザーでボンダイ6をまだお試しになっていない方には是非使って頂く価値があると思いますし、ホカオネオネをこれから履いてみたいと思っている方も是非検討すべきシューズであると思います。ではまた次回!

・ホカ オネ オネ《メンズ》ボンダイ 6/ブラックxブラック/ HOKA ONE ONE/Bondai 6/BlackxBlack #

価格:
23,100円

(2019/10/28 16:07時点 )

感想:0件

ホカオネオネ カーボンX購入レビュー」もお楽しみ下さい!

ジローのオススメRUNウエアをパタゴニア公式サイトでご覧ください!
パタゴニア

FX(外国為替証拠金取引)の勝ち方が解る、私ジローのFXサイト「tokyo fx」もご覧ください!

6 件のコメント

  • こんにちは!
    ボンダイ6、かっこいいですね!自分もクリフトン5の購入時にどちらにしようか悩みましたが、2万円以上の値段に尻込みしてしまいました。。オフセットが4㎜とは知りませんでした。クリフトンより低いのですね。
    RUNの着こなしも非常に参考になります。先日パタゴニア鎌倉店に行き、フーディニを手に入れました!あとはテルボンヌジョガーズが欲しいのですが、Sサイズが売り切れていたのと、お小遣いとの兼ね合い(?)で購入を見送りました。ただ、ジローさんがXSを履いているので、同じような体形の自分(170㎝、58㌔)でも大丈夫かな、と思いつつ悩んでおります。いずれは手に入れたいと思います!
    またブログの更新、楽しみにしています。

    • ぺすけ様

      こんにちは!コメント有難うございます。フーディニ購入されたんですね。使い勝手は抜群ですしこれからの季節は重宝しますね。
      テルボンヌジョガーズも今の季節にはベストマッチです。ぺすけ様の身長体重ですとXSでもいけるのではないでしょうか?
      サイズ感のお好みも有りますでしょうから、試着して納得いくサイズを是非手に入れて下さい!
      お小遣いとの兼ね合いは悩みどころですね。ボンダイ6の購入を考えてから、先にクリフトン6を購入してしまったのでようやっとという感じですね。
      しかし履き心地と性能は期待以上でしたので、ぺすけ様も機会がありましたら是非お試し下さい。
      今後もお役に立てるブログを目指していきたいと思っておりますので、ご意見やご感想を頂けてとても嬉しく思っております。
      では失礼致します。

  • はじめまして。
    いつも参考にさせていただいています。
    特にパタゴニアの記事は購入を躊躇していたところを背中を押していただきました笑

    ところで今回ボンダイ6を購入しようと思っています。
    サイズ選びの参考にしたいので教えてください。

    クリフトン6は持っていますが、ジローさんのレビューを見てボンダイ欲しくなりました。
    クリフトンは27.5と28.0を持っています。

    27.5では幅が狭く長さはジャスト
    27.5のワイドは幅が広すぎ

    28.0だと幅がジャスト、長さは長め 

    なのでクリフトン6なら28.0が自分の足に合うのかなと思ってます。

    店頭でボンダイ6 履いてみたところ、クリフトン6の同サイズよりも幅広めでした。
    28だとクリフトンのワイドみたいな感じです。
    なので27.5にしようか、28にしようか迷っています。

    実際履いてるジローさんの感覚では、クリフトン6もボンダイ6もサイズ感は同じでしょうか?

    • ボンバイエ様

      初めましてジローと申します。いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有難うございます。
      当ブログがボンバイエ様のお役に立てていれば幸いでございます。

      さて先ずはクリフトン6のサイズ感ですが、私ジローのサイズ感ですと「幅がジャスト、長さは長め」の28.0を選択すると思います。
      クリフトン6を購入した時も26.5にするか27にするか相当迷いましたが、「幅がジャスト、長さが長め」の27を選びました。

      私ジローはボンダイ6も同じ27を履いておりますが、ボンバイエ様がご指摘の通りボンダイ6の方が幅が広く感じます。
      実際にボンダイ6はクリフトン6よりもシューレースを絞って履いています。しかしながら走ってみて感覚的に大きいとは感じておりません。

      私はかなり薄手のソックスを好みますが、ややゆとりが感じられるボンダイ6は冬場に少し厚手のソックスでも履けますのでメリットとして捉えております。
      合わせるソックスによってもサイズ感が違ってくる所があると考えております。

      またカーボンXは26.5を選びアシックスのソーティマジックRP4も26.5(ワイド)を選んでいます。レーシング寄りのシューズはあまりゆとりの無い方が好みなので、
      ピッタリ目を選びました。シューズの用途によっても若干サイズ感を変更しております。

      結論を申し上げますと、ボンバイエ様から頂いた情報を考慮しますと私ジローでしたら28を選びますね。

      ちなみに私ジローの足は甲が低くて足幅は狭い方です。アメリカの革靴ですと9A(27センチで幅がA、つまりかなりナロー幅)が履ける足ですので、
      ボンバイエ様の足の形も考慮されると宜しいかと思います。

      私ジローの個人的な意見を申し上げましたがボンバイエ様の御参考になれば幸いです。
      ベストなサイズを選んで素晴らしいボンダイ6ライフをお過ごし下さい!
      ではこれからも当ブログを宜しくお願い致します。失礼致します。

      • 早速の返信ありがとうございます!
        クリフトンはアドバイス頂いたとおり、28がジャストだと思います。
        27.5で長い距離走ると土踏まずに靴擦れできました。
        土踏まずに靴擦れできたのはこれが初めてでした笑

        クリフトン7を待ってましたが、ジローさんのレビューと公式サイトの半額セールで火が付いたので、28センチを購入することにします!

        ちなみにテルボンヌもジローさんレビュー効果でオンライン購入し、明日届く予定です。

        ありがとうございました!

        これからも拝見させていただきます!

        • ボンバイエ様

          ボンダイが届くのが楽しみですね!私ジローはボンダイが本当に重宝しております。
          RUNは当然の如く、出張や近所への買い物もボンダイを履く事が多いですね。
          疲れ方が全く違うと思います。

          テルボンヌジョガーズも購入されたのですね。テルボンヌとボンダイは相性抜群で正にRUNでも普段着でも行ける私ジローの鉄板です。
          テルボンヌとボンダイで素敵なランニングライフをお過ごし下さい!
          ではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です