怪我して解った!クリフトン5の驚くべきクッション性!

私ジロー クリフトン5の衝撃吸収能力に助けられました

こんにちはジローです。先日家族でテニスをしていた時、妻のショットに逆を突かれ、踏ん張った瞬間に思いっきり転倒しました。その結果、右膝を強打して右足首にも痛みが走りました。テニスを終えてメレルのベイパーグローブ4に履き替えて、駐車場に戻る時に少し走ってみると右足にかなりの痛みが走りました。

翌朝5時に起きて右足の状態を確認してみると、右膝の内側の半月板のあたりに痛みがあり、右足首も曲げたり伸ばしたりする動作に違和感を感じます。走れなくはなさそうなので8キロほど走ってみることにしました。

シューズはいつも通りベイパーグローブ4を選びました。200メートルほど走ると右膝と右足首に「走れなくはないけど、このまま走ると故障に繋がるであろう痛み」を感じたために、早朝RUNを断念して自宅に引き返しました。

玄関に入るとホカオネオネのクリフトン5が目に入りました。「この右足の状態でクリフトン5を履いたら痛みに変化があるのか?」という興味にそそられ、クリフトン5に履き替えて再び早朝RUNに出かけました。これはあくまで実験であり、皆さんには休息をすることをオススメします。

恐る恐る走ってみますと痛みがほとんどありません。念のため、かなりゆっくりなペースで走ってみましたが、ベイパーグローブ4とは雲泥の差です。衝撃の吸収をクリフトン5がしっかりと果たしてくれている結果でしょう。途中からいつものペースに戻しましたが問題なく走れました。

転倒による打撲と考えられる今回の右足の外傷は、地面からの衝撃により痛みとして現れていたと推測されます。衝撃吸収能力のないベアフットシューズからクリフトン5に履き替えただけで、その痛みが減少するのであれば、そう考えるのが妥当であると思います。
パタゴニア

クリフトン5の新しい考え方

これまではクリフトン5を使用してきて、ランニング技術の向上が一番の目的でした。5ミリという低いオフセット(踵と爪先の高低差)、地面の感覚を掴みにくい厚底、独特のソール形状など、やや扱いにくい面もありますが、ランニングフォームを考えながら走るのには最適なシューズであると考えていました。

もちろん軽量マキシマムクッションによる抜群の衝撃吸収能力は承知の上でしたが、今回はこの衝撃吸収能力の恩恵を目の当たりにして、シューズとしての性能の高さが再確認できましたね。怪我をしましたが毎日のRUNを中断することなく続けることが出来たのは、クリフトン5があってこそです。毎日走りながらも痛みが悪化することはありませんでしたね。

私ジローは「賢人のランニングフォームその10 パフォーマンス向上のシューズの使い分け」で複数のシューズを使用することを推奨してきました。特徴の違うシューズを使うことでランニングの技術の向上のためですね。

多くのRUN愛好家の方が故障に泣かされているという事実があります。「RUN初心者必見!初心者のランニングフォーム改善講座」シリーズのMくんもRUNを始めてすぐに膝の痛みに悩まされていました。故障したら無理せず休むことが一番です。その後にランニングフォームを見直して、故障しにくい効率的なランニングフォームに改善すればよいのですが、クリフトン5のようなシューズを1足用意しておくことで、故障からの回復時のRUNが可能になると思いますし、結果としてRUNを中断する期間が短縮できると考えています。

ここ2日はベイパーグローブ4で走っても右膝と右足首の痛みは全くありません。これからしばらくは衝撃吸収能力のないベイパーグローブ4をメインに使っていこうと思いますが、クリフトン5があることで仮に故障しそうになってもRUNが継続できる安心感がありますね。こうなるとベイパーグローブ4とクリフトン5の中間に位置するような、レース用シューズも新調したくなりますね。

もう1足ランニングシューズの購入を考えている方には、クリフトン5を始めとしたホカオネオネのランニングシューズをオススメします。ランニング技術の向上にもなりますし、身体の保護にもなりますのでぜひ使ってみて下さい!ではまた次回!

ホカオネオネ クリフトン6購入レビュー 誰も知らない取り扱いマニュアル」もご覧下さい。

ジローのオススメRUNウエアをパタゴニア公式サイトでご覧下さい!
パタゴニア

FX(外国為替証拠金取引)の勝ち方がわかる、私ジローのFXサイト「tokyo fx」もご覧下さい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です