真夏のランニングタイツ1枚には大きめのシャツなどいかがでしょう?

真夏のランニングタイツはテクニックが必要だった!

こんにちはジローです。連日暑い日が続きますが皆様頑張って走っていらっしゃいますでしょうか?私ジローはお盆休みがありませんのでセッセと仕事をしていますが、毎朝の早朝RUNは継続しております。さすがに日中走るのは厳しそうですね。

今日は子供の誕生日プレゼントを買いにトイザらスに行きましたが、帰りにスポーツ用品店に寄ってランニングソックスを新調しました。私ジローはランニングソックスは薄手のものが好みなのですが、毎日使っていると結構な頻度で破けてしまいます。そんな中でも愛用しているのは薄手ながらも強度が高いナイキのライトウェイトなのですが、今回はアンダーアーマーの薄手のソックスを購入してみました。

履いてみますと「ナイキのライトウエイトよりも若干厚いか!?」というところですが、薄手であることには変わりません。何よりもお値段が2足セットで1800円とリーズナブル。ナイキライトウエイトの1足のお値段でもう1足ついてきます。しばらく使ってみて強度に問題がなければアンダーアーマーもアリですね。

ホカオネオネのボンダイ6も再度試着してきましたがやはり良いですね。若干クッションが硬いかなと感じますが走ってみると印象も変わるかも知れませんね。クリフトン5が寿命を迎えたら第1候補ですね。
パタゴニア

Yくんのアドバイス 真夏のランニングタイツはこう履くべし!

さて本日の本題ですが最近はナイキのランニングタイツ1枚で毎朝走っています。真夏のランニングタイツ1枚は冬場のパタゴニアのボーダーレスタイツやキャプリーンミッドウェイトボトムと違ってダイレクトに1枚です。

実は先日の千葉館山旅行でパタゴニアのボードショーツを履いていたらその形で日焼けしてしまい、ストライダープロショーツを履くと日焼けしていない部分が露出してしまうのです。娘に「パパそれ変だよ」と言われてから「確かにメチャクチャ変かも」と思うようになってしまいました。

そのような経緯でこのところはナイキのランニングタイツ1枚で走っております。これを履くと館山での日焼けしていない部分をしっかりカバーしてくれますので、気恥ずかしさは全くありませんね。そもそも誰も私ジローの日焼け事情など気にも留めていないと思いますが自己満足の世界ですね。

さて男性のランニングタイツ1枚は、世界中のトレーダーがダウ・ジョーンズを注目しているのと同じくらいランナー界の間では注目されている問題です。世界中のトレーダーはダウが上がろうが下がろうが値幅が動けば良いのですが、ランナー界での男性のランニングタイツ1枚は評価が下がる要素しかありませんでした。要は男性のランニングタイツ1枚は不快であるというマイナス要因ですね。

しかしながらそれを払拭したのが我らが日本記録保持者の大迫傑選手でしょうね。大迫傑選手といえばナイキオレゴンプロジェクトですね。実力もさることながらスタイリッシュなランニングタイツ姿は我々男性のみならず女性ファンも魅了しています。私ジローも中年ランナーながら夏場のランニングタイツはナイキさんにお世話になっております。

私ジローの夏場のランニングタイツはこんな感じで履いています。パタゴニアのフォアランナーズシングレットに合わせる事が多いですね。私的には何ら問題がないと思っていますが、気になる人には気になる所が気になるのではないでしょうか?
パタゴニア
また気にする人にも気にする所が気になるのでしょう。しかしながらそれは机上の空論であって実際には何ら問題がない事は私ジローは検証済みです。毎朝RUNや散歩で私ジローとすれ違う人は誰もジローを気にしていません。気にしてるのは自分だけで誰も見ていません。

ランニングタイツ1枚は単純に走り易いです。機能性は抜群です。爽快感ではストライダープロショーツに軍配が上がりますが、夏場にダイレクトにランニングタイツを1枚で履けば洗濯物が減るというオマケまでついてきます。この恩恵を受けない手はないですね。更にこの問題の解決に追い打ちをかけてくれたのが、度々当ブログにも登場し直近ですとナイトラン用のベストをパクらせてもらった私の後輩であり天性の洒落者のYくんです。

Yくんは冬場はパタゴニアのボーダーレスタイツ、夏場はonのランニングタイツを履いてonのシングレットを着ています。Yくん曰く、「夏場にランニングタイツを履くんだったらTシャツやシングレットを大きめにするとタイツの存在感が消えちゃうよ。ジローさんもやってみてよ」とアドバイスを貰いました。果たして本当でしょうか?

そのような視点でジローの真夏のタイツ姿を再び見てみましょう。フォアランナーズシングレットはXSなのでゆとりはあまりありません。やる気満々な感じですが確かにピチっとし過ぎている感じも否めませんね。

そこにナイキのオーバーサイズのシングレットを合わせてみます。何ということでしょう。かなり印象が変わりますね。ムチムチなランニングタイツな感じがありません。パタゴニアですとXS、ナイキですとSサイズを選ぶ私ジローですが、170センチ55キロでMサイズを着ると印象が違いますね。嫁からも「その方がマシ」との評価を頂いております。

確かに私ジローが見てもリラックスしたゆったり感がありますね。個人的に男性のランニングタイツ1枚の不快感は相当薄れているような気がします。あとは女性の評価ですね。女性の評価でこの世は動いているとジローは考えています。

私もYくんにオススメされて最近同じonのランニングタイツ(2way)とシングレットを購入しましたが、やはり同様のサイズ感が宜しいようです。ランニングタイツに短パンを履くのって「タイタン」でランニングタイツ1枚は「タイイチ」って言うらしいですね。最近知りました。ストライダープロショーツ1枚でしたら「タンイチ」なのでしょうか?

いかがでしたでしょうか?真夏のランニングタイツ問題。ファッションの事はよく解りませんがYくんのアドバイスを取り入れると男性のランニングタイツも市民権を得られるレベルになるのではないでしょうか?皆様もぜひお試し下さい!ではまた次回!

ジローのオススメRUNウエアをパタゴニア公式でご覧下さい!
パタゴニア

FX(外国為替証拠金取引)で勝てる理由がわかるジローのFXサイトtokyo fxもご覧下さい!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です