これはオススメ!ミレー ドライナミックメッシュ

汗冷え知らず!冬のRUNに最適なミレー ドライナミックメッシュ!

こんにちはジローです。ここ数年、私の周辺の方たちから「ジローはミレーのドライナミックメッシュって知ってる?」とか「ファイントラックのドライレイヤー使ってる?」と聞かれることが多くなりました。これらのウエアーは主に汗をベースレイヤーに吸い取らせ、ドライ感を持続し汗冷えを防ぐという特徴を持っています。

様々なメーカーから特色を出したウエアが発売されていますが、私ジローは数か月検討を重ね、「ミレー ドライナミックメッシュ 3/4スリーブ クルー」を購入した結果、物凄くオススメなのでご紹介します。

ミレー ドライナミックメッシュとは?

まずはお見苦しい画像をご勘弁ください。しかし誰が着てもこうなります。スケスケの網シャツです。ですがこの網シャツこそがドライナミックメッシュの真髄になります。
生地を拡大してみましょう。これは疎水性に優れたポリプロレピンを主体に嵩を高く編み上げた、厚みのあるメッシュ素材であることが解ります。このメッシュが毛細管現象により身体から汗を吸い上げ、放出される仕組みになっています。これはポリプロレピンが水分を保水しにくいという特徴から生まれるようです。

厚みのあるメッシュは吸い上げた汗を、ドライナミックメッシュの上のウエアーに吸い取らせ、汗を吸ったウエアーが肌に触れるのを防ぎ、汗冷えや低体温症を防ぎます。

網目が大きく嵩の高いメッシュによって空気の層がうまれ、夏場は通気性が良く、冬場は保温性が高いという特徴もあります。他のメーカーと比較検討し、購入の動機になったのはここですね。寒がりで汗冷えが嫌いな私には、導入しない理由が見つかりません。

サイズ選びは身体にぴったりフィットしたものを選ぶのが重要です。170センチ56キロの私はS/Mサイズを選びました。店頭では小さく見えますが伸縮性に優れているので、見た目以上に着れる体格の範囲は広いと思います。

ミレーではドライナミックメッシュの上に着るものとして、ポーラーテックパワードライなどの吸水速乾素材の物を推奨しています。手持ちのパタゴニアサーマルウェイト、R1、R2との相性は抜群ですね。

実際に使ってみてどんな感じ?

今の時期ですとR1やR2のインナーとして着ることが多いのですが、「ジローのトレイルランニング 秋の奥武蔵 、飯能~東吾野」ではフーディニジャケットサーマルウェイト、ドライナミックメッシュで走りました。

飯能駅からの走り始めは寒かったので良かったのですが、奥武蔵自然歩道に差し掛かると次第に暑くなりフーディニジャケットはザックにしまいました。気温が上がり物見山山頂に着くころにはだいぶ汗をかいたのですが、身体に汗が流れるということはありません。べたつく感じもありませんね。

かといってサーマルウェイトに汗が大量に浸み込んでいるわけでもなく、汗はどこにいったんだろうというのが正直な感想です。つまり非常に快適であるということですね。

次にユガテで休憩しましたが、やはり身体が汗でビショビショではありませんでしたね。身体の表面にうっすら水分が付着しているという感じです。風が強くなってきて少し肌寒さは感じますが、身体がさほど濡れていないために汗冷えを感じることもありません。

東吾野駅で着替えるとサーマルウェイトはほぼ乾いた状態で、ドライナミックメッシュには薄っすら水分が含まれているという感じでした。この日のトレランや最近の氷点下に近い気温でのRUNでも、ドライナミックメッシュは吸汗と汗冷えに貢献していると判断して差し支えないと思います。

ドライナミックメッシュとR1で気温3度のときに走った場合、途中でR1のフロントジップを下げて走っていましたが、フロントジップを再び上げてみると温かさを感じるんですね。保温性も申し分ないと思います。夏場にノースリーブも試してみたいですね。

ドライナミックメッシュの注意点

メッシュが大きいので何かに引っ掛けると破損する恐れがあります。強度が高く伸縮性もありますが、知り合いのSさんは一部破損してしまいました。また意外と着脱に手間がかかるのでご注意ください。見た目が見た目なので、RUNから帰ってきてドライナミックメッシュとキャプリーンミッドウェイトボトム(女性用)で家の中をウロウロしていると嫁や子供の視線が気になります。

ミレー MILLET DRYNAMIC MESH 3/4 SLEEVE CREW ドライナミックメッシュ 3/4 スリーブ クルーネック BLACKNOIR メンズ MIV01356

価格:
4,620円

(2019/09/03 11:22時点 )

感想:3件

申し分ない性能で皆さんのRUNを快適にするミレー ドライナミックメッシュ。アウターを買うよりもインナーを変えるだけで手持ちのウエアーが様変わりします。皆さんもぜひお試しください。ではまた次回!

FX(外国為替証拠金取引)の勝ち方がわかる、私ジローのFXサイト「tokyo fx」もご覧下さい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です