絶対オススメ!名栗川の川遊び バーベキュースポットさつき

都心からもアクセス抜群!川遊びならぜひ「さつき」へ!

こんにちはジローです。皆さんは秘密の場所ってありますか?今回GWに行ってきた名栗川の「バーベキュースポットさつき」はちょっと大袈裟ですがジロー家にとっては秘密のレジャースポットになります。

秘密たる所以はと申しますと、毎年キャンプに行っている大子グリンヴィラや北軽井沢スイートグラスは全国的にもメジャーなキャンプ場で、予約開始日にすぐに予約が埋まってしまう激戦区でありますが、「バーベキュースポットさつき」は比較的予約が取りやすいにも関わらず、グリンヴィラやスイートグラスに負けず劣らずに快適にデイキャンプが楽しめますので気軽に行くことが出来るのですね。今回も予約は10日前くらいにしましたが何とか間に合いました。

都内からのアクセスも便利です。ジロー家からは新青梅街道をひたすら西へ走り、東青梅から成木街道を経由して約2時間弱ですね。さつきは朝8時からオープンしますので、いつも朝6時過ぎに出発してオープンを目指します。

さつきは有料の川遊びとバーベキューの施設です。単に川遊びやバーベキューであれば無料で出来るところもありますが、さつきには料金を払ってでも行きたい魅力が詰まっていますね。
パタゴニア

「さつきのおじさん」の人柄が素晴らしい!

「さつき」には常に川遊びの安全を監視していらっしゃるおじさんがいます。行けばすぐにこの人だと解ります。ジロー家はさつきを利用し始めて4シーズン目なので顔を覚えて頂いて、今回も到着すると「おう!お早う!」と声をかけて頂きました。

ジロー家ではこのおじさんを最初は「川の番人」と呼んでいましたが、どうやらさつきの経営者の方のようなので今では「社長」と呼んでいます。

社長は来場者にその日の川のコンディションを丁寧に教えて下さいます。「今日は水量が多いからあの辺りは気を付けるんだよ」などと的確なアドバイスを下さいます。子供達はさつきでカニや魚を捕るのを楽しみにしています。今回はGW終盤に行きましたのでカニは取りつくされてしまっているようでしたが、「いつもと違う場所を探してごらん」とアドバイスを頂きました。

今年度からさつきの利用料金が若干値上がりしました。「申し訳ないね」と社長はおっしゃり、値上げまでの苦悩を話して下さいました。しかし利用する側からすると、朝一で川に来てもゴミ一つなく管理されている訳なので、全く気になりません。

恐らく社長は全ての来場者に声を掛けているのだと思います。談笑したり設営を手伝ったりと大忙しですね。社長がいらっしゃるからこそ、フレンドリーな空気があり安全に川遊びやバーベキューを楽しめるのでしょう。

さつきの快適設備がすばらしい!


さつきには60台の駐車場があります。予約をすれば駐車場も確保されますので安心できます。上限が60台ですので混雑する日でも人数が決まっていますから、「タープを張る場所が無い」なんて事もありませんね。
何とバーベキューコンロが無料で借りられます。しかも洗わずに返却出来ます。これは物凄く便利です。私はアウトドア好きなのですが面倒くさがりなので、バーベキューは後片付けが嫌いなので極力やりたくないのですね。しかしさつきでは、こんな私でも後片付けを心配することなくバーベキューが出来ますので嬉しい限りです。

アウトドア初心者の方や小さなお子様をお連れの方には嬉しいサービスであると思います。バーベキューが終わった頃合いを見計らってスタッフが片付けてくれます。スタッフの方に感謝しかないですね。
トイレや炊事場も清潔に保たれています。コインシャワーも出来たようですね。入口には売店もあり薪や炭なども購入できます。これだけの施設があればデイキャンプでは十分ですね。近隣にコンビニやスーパーなどは見当たりませんので、食材などは事前に用意しておきます。

さつきで川遊びを満喫する!

ジロー家ではいつも朝8時に到着するようにしています。午後は2時から3時の間には撤収しますが7時間くらいは遊べますね。今回も駐車場から川へ降りる階段の近くに設営しました。ここらへんは撤収が楽なので便利です。階段より上流側は日陰になるので人気のエリアですね。そこに陣取るには早く来る必要がありますね。
今回はスノーピークのタープを張りました。グリンヴィラの時はTentmarkのタープでしたがこちらの方が小ぶりなので、さつきではいつもスノーピークのタープを張っています。ポールを5本使って変則的に張っています。デイキャンプなので持ち物は少なめです。
黒いコットはHelinoxです。次男のトランポリン兼お昼寝のベッドです。脚を付ければ子供3人座れますので椅子の代わりになるので荷物が減らせます。
水は相変わらず透明度が高いですね。
社長のお話しですと今年は水量が少ないようです。例年のGWよりも水温が低いようですね。
長男はゴーグル、網、箱眼鏡のフル装備で獲物を狙いに行きます。水量は少ないですが、下流にある橋から吊るされたブランコの周りは元々深さがありますので、万が一に備えてベストも装着します。季節や天候によってかなり水量に差がありますので、小さなお子様はベストを装着することをオススメします。
まずはカニを一匹捕まえました。社長のおっしゃる通り今回はあまりいませんね。
ジンベイザメで川を下ります。上流から下ると長いこと楽しめますね。平均してこれくらいの水深ですから危険は少ないですね。しかし水が冷たいです。慣れるまでかなり時間を要します。今日はパタゴニアのナイントレイルズシングレットにストライダープロショーツでやって来ました。キャンプ好きですがキャンプ用のウエアはほとんど持っていません。川に来てもランニングウエアが重宝します。設営の時はキャプリーン・クール・デイリー・フーディを着ていましたが、UVプロテクションの効果はありそうですね。
パタゴニア
お借りしたコンロでバーベキューの準備をします。網は付いていないので持ち込みます。年季の入ったユニフレームのチャコスタで炭起こしをします。
今日はステーキとソーセージ。これだけです。ジロー家は小食なのでこれで5人分です。一皿100円の回転寿司に行っても4000円でお釣りが来ます。子供達は食べるよりも遊びたいのでこれで十分です。手持ちのスノーピークの焚き火台を持ってきてこれだけしか焼かないのであれば、バーベキューは見送ろうかと思いますが、お借りできて片付け不要であればちょっと焼いてみる気になりますね。
あまりにカニや魚がいないので社長のアドバイスに従って人のいない対岸を捜索しますと・・・
大漁です!
カニも捕れましたしカジカも捕まえました。この後上流でもカニを発見しましたし、網で探れば小さな魚もかなりいましたね。
午後になり社長から「トンビがいるから見てごらん」と教えて頂きました。上昇気流に乗って羽を広げる姿はカッコイイですね。私は猛禽類が好きなのですが、皆さん鷹と鷲の違いってご存知ですか?基本的に同じ種類で、大きさによる違いが名称の違いになっているみたいですね。大きい順に鷲ー鳶(トンビ)-鷹になるみたいですね。以前は更に小型の個体が隼だったそうですが、隼は現在インコの仲間に分類されるみたいですね。

長男が捕まえたカニを社長に見せると「今日のコンディションでよくこんなに捕まえたね!さすがベテラン!」とお褒めの言葉を頂きました。もうそろそろ撤収の時間なのでカニ達を川に帰します。

さていかがでしたでしょうか?バーベキュースポットさつき。本音を言えば混み合ってほしくないので秘密にしておきたい所ですが、都心からも近いですし抜群の環境と設備なので本当にオススメです。9月上旬を過ぎると水温が下がって川遊びは厳しいので、それまでに何度か行きたいですね。ぜひ皆さんも足を運んでみて下さい。ではまた次回!

ジローのオススメRUNウエアをパタゴニア公式サイトでご覧下さい!
パタゴニア
FX(外国為替証拠金取引)の勝ち方がわかる、私ジローのFXサイト「tokyo fx」もご覧下さい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です