これはオススメ! パタゴニア ナノパフベスト

使い勝手自由自在 パタゴニア ナノパフベスト

こんにちはジローです。ここのところ忙しく早朝といえども中々RUNの時間を捻出できませんでした。明日からは時間が取れそうなので、またしっかり走りたいと思います。2月に入り「一段と冷え込むのかな」と思いきや、昨日は気温がかなり上がりましたね。今朝の新聞によりますと、昨日の別府大分毎日マラソンでも気温の上昇によるコンディションの悪化が懸念されていたみたいですね。

そこで今日は冬の厳しい寒さから、昨日のようなやや暖かい気候まで幅広い範囲で活躍するパタゴニア ナノパフベストをご紹介したいと思います。
パタゴニア

パタゴニア ナノパフベストとは?

ナノパフベストとはプリマロフト・ゴールド・インサレーション・エコを中綿に使用した軽量かつ保温性の高いベストです。このインサレーションは極細繊維によって空気層を形成して保温性を高めると同時に、水分の進入を防ぎ、水分に触れた場合でも保温性能がほぼ落ちることがないという高性能素材を使用しています。表面の生地にはDWR(耐水性撥水)加工されたリップストップ・リサイクル・ポリエステルなので安心の強度で防風性も備わっています。インサレーションとしてはダウンのほうが保温性やコンパクトさでは勝るかもしれませんが、RUNなどのアクティビティに使用する場合には化繊インサレーションの方が適していると思います。

皆さんは洋服の好みってありますか?私はなぜかベストが大好きなんですよね。ダウンや化繊をはじめ、ウールやコットン、冬場ですとツイードのベストなんかも着ています。寒がりなのでピタっとしたベストを着ると暖かさもあるのですが、安心感があるんですよね。「もうベストは買うまい!」と思っているのですがOMMのローターベストはトレラン用に欲しいところですね。

実はこのナノパフベストは購入する予定がなかったのですが、コロラド州のデンバーでパタゴニアに立ち寄った時に、ドル円が週足で見ると直近安値を叩きに行く円高であり、日本で買うよりもかなりお買い得だったので、悩みに悩んで滞在最終日に購入してしまいました。いや~買っといて良かったです。

決めてとなったのはフィット感でしたね。それまで使っていたマイクロパフベスト(と思われるもの)はXSサイズながらゆったりしたフィットで冷気がかなり入ってきていました。ナノパフベストはレギュラーフィットではありますが、抜群のフィット感だったので購入しました。目論見通り冷気の進入は軽減できましたね。

ナノパフベストの使い勝手は?

ナノパフベストは基本的にRUN用として購入したのですが、色味のきれいさと化繊インサレーションの手入れの手軽さで普段着としても活躍しますね。

ナノパフベスト+サーマルウェイト+キャプリーンミッドウェイトボトム
RUNでも普段着でもナノパフベストとサーマルウェイトの組み合わせは相性が抜群ですね。この組み合わせはRUNでも幅広い季節に対応できますね。ナノパフベストに防風性能がありますので、秋口からかなり冷え込む初冬まで、春先なんかに適していますね。サイズは170センチ56キロでXSを選んでいます。
ナノパフベスト+R2+ボーダーレスタイツ
真冬の定番ですね。通気性のあるR2と防風性のあるナノパフベストが良いバランスです。体幹が暖かいので袖が寒くてもむしろちょうど良いバランスですね。R2の下にサーマルウェイトを着るかドライナミックメッシュを着るかでも温度調節が変わってきます。最近はドライナミックメッシュにすることが多いですね。

ナノパフベストは個人的な感想ですが、着るとホカホカに暖かいというわけではなく、ジワっと暖かいというか、寒くないという絶妙の保温効果がRUNに適しているのではないかと考えています。

フーディニジャケット+ナノパフベスト+ボーダーレスタイツ
去年からはこの組み合わせは去年から始めました。その暖かさを考えるとナノパフベストをインサレーションとしての役割に特化して防風をフーディニジャケットに任せるというのも良いと思います。この組み合わせはフリースを使っていないのでかなり軽量です。氷点下でも問題ありません。ベースレイヤーはサーマルウェイトですね。しかしながらフーディニジャケットがXSサイズなので重ね着できる限界値に達しています。いずれSサイズも検討したい所です。
パタゴニア
普段着としても活躍の場がかなりありますね。
BarbourのBorderSLのインナーとしてちょうど良いですね。だいぶオイルが抜けてきましたが、まだ防風性ありますのでベストでも暖かさは確保できます。明るい水色が好みなので多少派手かとも思いますが活躍の場は多いですね。やはりインナーはサーマルウェイトですね。昨日はこれで仕事に出かけたのですが、日中はちょっと暑かったですね。私のBorderSLはBEAMS別注品なので裏地がタータンではなくオレンジです。
ニット素材のグローバーオールのインナーとしても活躍します。メルトンではなく軽量なダッフルコートなので軽量なナノパフベストを着ると快適ですね。この日もサーマルウェイトを着てますね。パタゴニアの製品はスポーツだけでなく普段着にもすんなりと溶け込んでくれますので、手持ちの洋服が少なくてすみますね。基本的にパタゴニアのウエアを購入する時はRUNで使えるものしか現在では購入していません。同時に普段着として使える応用範囲の広さがあるかが重要になりますね。昨年の秋口はロスガトス・クルーが気になり2回も試着しに行きましたが、RUNで使用するイメージが湧かなかったので購入は見送りました。買い逃したことをかなり後悔しましたが、収納スペース等を考えるとマイルールを守らざるを得ないので仕方がないですね。
さてとても使い勝手の良いナノパフベストですが収納サイズも中々優秀です。左胸の内側にあるファスナーに収納ができます。スマホと比較してもまずまずの小ささです。出張やお出かけの時は問題ない小ささですね。私の場合トレランでも十分ザックに仕舞える小ささであると思っています。欲をいえばOMMのローターベストくらいが望ましいのですが、またベストを購入するのも悩ましい所です。

今シーズンのナノパフベストは使いやすいカラーが多いですね。(画像をクリックするとパタゴニア公式サイトにアクセスできます)

化繊インサレーションで濡れても保温性がありますから用途の幅が広がりますね。
パタゴニア オンラインショップはこちら

RUNでもオフでも使い勝手の良いパタゴニア ナノパフベストはいかがでしたでしょうか?総じてみればナノパフベストが素晴らし製品であることは間違いありません。皆さんもRUNに普段着に存分に使い倒してみて下さい。ではまた次回!

ジローのオススメRUNウエアをパタゴニア公式サイトでご覧下さい!
パタゴニア

FX(外国為替証拠金取引)の勝ち方がわかる、私ジローのFXサイト「tokyo fx」もご覧下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です