RUN愛好家にオススメ!出張RUN!

仕事だけじゃもったいない!出張先こそRUNに行こう!

こんにちはジローです。先週の土曜日の夜から博多に出張に行ってきました。仕事なのでしっかり職務を遂行しなくてはならないのですが、いつも一人で出張に出かけますので密かな楽しみも用意しています。それは「出張RUN」なのです。「出張RUN」という言葉があるかは謎ですが、出張先でのRUNはいつも新鮮な感覚がありますので、お仕事以外に余裕がある方にはぜひオススメしたいと思います。

出張RUNの面白さ

一言でいえば、知らない土地を散策しながら走れるということでしょうか。自宅周辺でのいつものRUNは、目新しさを創るには多少の努力が必要ですが、出張先でのRUNとなると走る場所全てが初めての場所であるので、旅行気分が増しますね。

私は博多では定宿にしているビジネスホテルがあります。利用し始めてから10年以上になります。支配人さんとも顔見知りなので、去年の7月14日の夜にチェックインした時にこんなやりとりがありました。

支「ジローさま、明日の朝も走られますか?」
ジ「ええ。そのつもりですよ」
支「明日の早朝は博多山笠のフィナーレですから、相当混雑しますよ」
ジ「えっそうなんですか?祭りを見ながら走るのも楽しそうですね~」
翌朝は5時に走り始めましたが、物凄い人出でビックリしましたね。走り易い環境ではありませんでしたが、神輿を担いだ人たちが沢山いて、祭り見物しながら走るという貴重な経験ができました。意外と走っている方が多かったですね。

大阪に出張に行った時は、早朝の道頓堀や大阪城を見物しながら走りました。大阪城公園はランニングコースがあるので走るのにはもってこいですね。いつも御堂筋沿いのビジネスホテルに宿泊するのですが、フロントにランニングコースの案内が置いてあり、色々なコースを選べますので助かります。
佐賀県に行ったときはJリーグのサガン鳥栖の選手がトレーニングをするという朝日山というところにプチトレランに行ったりもしましたね。上の画像は朝日山山頂から新鳥栖駅方面です。朝から走れて、良い景色を眺められるのが出張RUNの醍醐味ですね。

こんな感じで出張の時はできるだけ走るようにしていますが、どんなコースを走るかを色々と検討するのも楽しみの一つですね。4月からは東北に行きますので、どんな所を走れるか今から楽しみです。

出張RUNに適した装備とは?

さて出張先で走るとなると、当然ランニングギアを持参しなければなりません。できる限り軽量でコンパクトな装備が望ましい訳です。そこで私ジローがどのような装備で出張RUNをしているかをご紹介します。
夏場ですとパタゴニアのナイントレイルズシングレットとストライダープロショーツですね。どちらも軽量でコンパクトなので荷物として嵩張らないのが良いですね。そして速乾性のある素材であることも重要です。夏場ですと汗でビショビショになりますからRUNのあとはすぐに洗濯したいので、仕事に出かけるまでに乾いてくれるものが良いですね。

季節に応じてフーディニジャケットテルボンヌジョガーズサーマルウェイトを追加していきます。来シーズンの東北ですとナノパフベストも検討したいところですね。どれも軽量でコンパクト、速乾性も兼ね揃えていますね。サーマルウェイトは家から着ていってしまうことが多いですね。
パタゴニア
忘れてはならないのがFlipBeltです。見知らぬ土地を走りますから、迷子にならないためにスマホの地図は必須アイテムです。写真も撮りたいところですから、スマホをいれるために必ず装着します。
問題はランニングシューズですね。ランニングキアの中でもかなり嵩張ります。私はいつもニューバランスのMINIMUSを持っていきます。ベアフットシューズですね。ソールが薄いので比較的コンパクトにカバンに仕舞えます。ホカオネオネのクリフトン5も持って行きたいところですが、ボリュームがありすぎて出張RUNには適していませんね。
今回の出張ではパタゴニアのヘッドウェイMLC45Lで行きました。機内持ち込みサイズですが45リットルの容量がありますのでかなりの収納力です。PC、資料、着替え、ランニングギアを入れても余裕ですね。
背負った感じは大きく見えますがまだまだ入ります。3ウェイのカバンですが、バックパック用のショルダーストラップがなかなか良くできていて背負い心地も良いですよ。

ジロー流出張RUNのスケジュール

先週の土曜日は夕方5時まで都内で仕事をしてすぐに羽田空港に向かいます。7時45分発福岡空港行きの飛行機に乗り10時半ごろ博多駅前のビジネスホテルに到着します。そして即就寝ですね。飛行機の中でビールと焼酎は飲んでおきます。私の場合、仕事の前日に福岡入りして当日は午前10時から仕事が始まりますので、走れる時間は早朝ですね。

午前に5時に起床して水分補給をして5時半に出発します。ホテルのチェックアウトを8時半に予定していますので、RUNを終えて諸々支度をする時間を考えると7時には帰ってきたいところです。1時間半ほど時間が取れれば、ゆっくりと15キロくらいはRUNの時間にあてられますね。
ホテルのエレベーターホールでの画像です。この日はフーディニジャケットの下にサーマルウェイトを着てテルボンヌジョガーズです。真冬の出張RUNでは、ウエアの性能は保温性よりも携帯性を重視ですね。気温は5度ですが何とかなるでしょう。
パタゴニア
今回のコースは博多駅からヤフオクドームを折り返して大濠公園を経由して博多駅に戻る12~13キロくらいです。日曜日の明け方ですので中洲、天神といった繁華街は多くの人で賑わっていましたね。知らない土地を走りますのでスマホでコースを確認しながら走ります。トレーニングというよりもお散歩気分ですね。
2月の早朝なもので真っ暗です。福岡城跡で写真をとってみました。福岡は東京と比べて日の出がかなり遅いですね。
7時前に博多駅に戻ってきました。ようやく空が白み始めましたね。思ったよりも寒くなく今日の組み合わせで快適に走れましたね。
ホテルに戻ったら即洗濯です。洗濯中に風呂に入って出かける準備してしまいます。
洗濯物は1時間ほどで乾きました。速乾性のあるウエアは本当に重宝します。予定通り8時半にチェックアウトできそうです。

「出張先でわざわざ走るのはハードルが高そう」とお考えの方もいらっしゃると思いますが、上記の私のスケジュールを見て頂ければ決して無理なことはありません。出張RUNをしていると仕事先の方とも会話が弾むというメリットもありますね。佐賀県の朝日山は仕事先の方に教えて頂きました。アメリカでも現地の治安を考慮すれば安全な時間帯でしたら可能でしたね。

皆さんも仕事に支障をきたさない程度に出張RUNを楽しんでみてはいかがでしょうか?ではまた次回!

ジローのオススメRUNウエアをパタゴニア公式サイトでご覧下さい!
パタゴニア

FX(外国為替証拠金取引)の勝ち方がわかる、私ジローのFXサイト「tokyo fx」もご覧下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です