ジローの出張RUN!怪我から復活!大阪観光名所をスピード観光編

怪我からの復活の道程 そして出張RUNへ!

こんにちはジローです。先週の日曜日の「仙台で謎の塔に探検RUN」で転倒し、左大転子付近を強打しました。翌週に控えた通天閣までの観光RUNが可能かどうか怪しい雲行きになってしまいました。

週が明けて月曜日と火曜日は日常生活には差し支えありませんが、少し走ってみると梨状筋の付着部(大転子の上部)あたりがブルンブルンと震えて痛みが出ます。水曜日はクリフトン5を履いて早朝RUNに出かけましたが、やはり同じ所が痛むので200メートルほど走って断念しました。

木曜日は午後から休みだったので次男(2歳)を連れて電車を見に近所まで出かけました。チョロチョロ走る次男を追いかけて走ると左大転子付近の痛みはあまりありません。履いてるのはビーチサンダルです。「2歳児ペースなら走れるかも知れん!」「ビーチサンダルならスピードも出ないから丁度良いかも知れん!」と思い金曜日の早朝に実験をしてみました。
木曜日に履いていたビーチサンダルは右側のHENRY&HENRYというイタリー製のビーチサンダルでした。お手頃価格ですがデザイン性が高いので、気に入った色があれば買い足しています。しっかりした作りですがクッション性はそれほどありません。

もう1足の手持ちのビーチサンダルは左側の西友のものです。価格は何と200円ですが、フワフワとした履き心地でコストパフォーマンスが物凄く高い商品です。カラーも豊富で夏場に西友に行くと必ずチェックする事にしています。

両方を履いて走ってみますと西友の方が明らかに走り易いですね。ベイパーグローブ4よりもクッション性がありますし、クリフトン5のようなマシュマロ感もあります。これならスローペースでゆっくり走れるでしょう。
ビーチサンダルを履いて走ってみますと思ったよりも悪くない履き心地です。ベイパーグローブ4よりもクッション性がありますので快適に走れます。ベアフットランニングシューズに慣れているので、フラットなビーチサンダルでも着地に問題ありませんね。一方で所詮ビーチサンダルですからスピードを出すことは難しいのでゆっくりと走るには丁度良いですね。

左大転子付近の痛みは多少ありますが、走れなくはありません。ゆっくり5キロを30分ほどかけて走りましたが、この具合ですと日曜日の出張RUNは何とか行けそうです。

出張RUNの醍醐味 早朝の短時間で観光名所を巡る

さて金曜日と土曜日の早朝RUNではほぼ痛みはなく回復してきたと言える状態になってきました。土曜日の夜にパタゴニア大崎に行って、仙台の探検RUNで左膝を破いてしまったテルボンヌジョガーズを入院させてから大阪に向かいます。修理には約2ヶ月かかるそうです。
日曜日は朝5時に起きてRUNの準備をします。脚はコンディション的に問題なさそうです。とりあえず通天閣を目指し、走れそうであれば距離を伸ばしていこうと思います。今日のウエアはパタゴニアのフォアランナーズシングレットストライダープロショーツ、シューズはベイパーグローブ4ですね。FlipBeltを装着してBuffを巻いて出発します。午前5時25分、気温23度。出張RUNのウエアも夏バージョンですね。
パタゴニア
程なくして道頓堀に到着。道頓堀のドンキホーテには観覧車があるみたいですね。調べてみると「えびすタワー」と言うようです。世界初の長方形観覧車で座席が水平回転するとの事です。スゴイですね。ぜひ夜に乗ってみたいですね。
相合橋筋という所を進んで行きますと・・・
なんばグランド花月に到着します。大阪の道は御堂筋とか堺筋とか「筋」と言う字が付きますね。調べてみると南北に走る道路が「筋」で東西に走る道路が「通」と言うようですね。道が碁盤の目のように規則正しく整備された大阪ならではで解りやすいですね。ニューヨークですと南北が「avenue」東西が「street」だそうです。出張RUNで賢くなりました。
さらに進んで行きますと通天閣が見えてきました。新世界の入り口ですね。
通天閣を真下から見上げてみます。いや~かっこイイですね。先週の仙台のトリプルタワーもそうですが、私ジローは高い建物が大好物なのです。高さ108メートル。現在の通天閣は2代目で昭和31年に建てられたそうです。初代は明治45年に建てられたそうです。かなり古い歴史があるのですね。
展望台へは一旦地下に潜ってから行くみたいですね。
出張RUNの楽しみはガイドブックで見た所に自分の足で走って行く事でしょう。私はネットで見たここからの景色が物凄く大阪っぽく感じたので、この画像をどうしても撮りたかったのですね。この画像を妻に送ると「大阪全開や~」と返事がありました。
通天閣の公式キャラクターの「ビリケン」を祀った神社がありましたのでお参りします。脚の状態は万全ですので次の目的地に向かいます。
新世界を後にして天王寺動物園の脇を進んで天王寺駅方面に向かいます。
次の目的地は「あべのハルカス」です。高さ300メートル、地上60階。現在日本で1番高いビルですね。以前に新年会で「あべのハルカス」に来た事はあるのですが、外から見るのは初めてなのです。大阪の都心に位置しますが高さは群を抜いていますね。私は高い建物が大好物ですが、高所恐怖症なので展望台まで行けません。下から眺めて喜ぶタイプです。
さて次の目的地の四天王寺の南大門に到着です。四天王寺は聖徳太子が建立したお寺として有名ですね。建築が開始されたのが推古天皇元年(593年)だそうですから、令和元年から遡るととてつもない歴史がありますね。何度も立て直しがされて、現在の四天王寺は昭和38年に建てられた物で何と鉄筋コンクリートなのですね。
中門から五重塔を眺めます。四天王寺の特徴で有名なのが「四天王寺式伽藍配置」ですね。日本史で習った記憶があります。南から北に南大門、中門、塔、金堂、講堂が一直線に並ぶ様式の事のようですね。
朝日を浴びた五重塔と金堂が美しいですね。早朝出張RUNの良い所は、早朝ならではの爽やかさと景色が見られる所ですね。手前に見えるのは回廊です。鉄筋コンクリートですが6世紀末の佇まいを感じられますね。
予定では四天王寺を見学したら真っ直ぐホテルに戻るつもりでしたが、脚の状態が良いのでもう少し走ります。今週は4日間走れなかったので嬉しいですね。通天閣を横目に見ながら難波方面に再度向かいます。難波から道頓堀に近づくと、早朝にもかかわらずラーメン屋さんや寿司屋さんが盛況ですね。立ち飲みバーも賑わっています。
細い路地を入って行くと法善寺の水かけ不動尊があります。周りの賑やかさに比べて静寂の中に不動尊があるギャップがスゴイですね。お参りする人が水をかけている内に、このように苔生した佇まいになったそうです。2匹の猫がゴロゴロしてまして何とものどかな雰囲気です。
さらに進みますと興味をそそられる建物がありました。FM OSAKAと書いてあるのでラジオ局のようです。ここからアメリカ村を通って7時前にホテルに到着です。

今回の出張RUNは脚の状態が良かったので距離も稼げて15キロほど走れましたね。大阪のような大都市では観光名所があらゆる所にありますのでRUNで回るのが適していますね。早朝の1時間半ほどでかなり観光出来ました。移動手段がRUNですから交通費もかかりません。唯一の難点はRUNから帰ってきてビールでも飲みたい所ですが仕事に行かなければならない事ですね。
今日の出張RUNのウエアは夏仕様でしたので洗濯も楽ですね。来月の仙台出張はジロー史上初の出張ナイトRUNを予定しています。普段はしないナイトRUNですので装備やウエアについても検討しないといけない所がありますね。皆さんもウエアが減らせるこの季節に出張RUNを楽しんでみてはいかがでしょうか。ではまた次回!

ジローのオススメRUNウエアをパタゴニア公式サイトでご覧下さい!
パタゴニア
FX(外国為替証拠金取引)の勝ち方がわかる、私ジローのFXサイト「tokyo fx」もご覧下さい!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です